遠距離恋愛ゲイの独り言〜ふたたび

旦那と15年以上遠距離恋愛しているゲイのブログ。日常の些細な悲喜交々を気の向くままに。

この時期憂鬱なこと

師走に入ってもう2週目。

今月は毎週忘年会があって、どれもホントに行きたくない!(>_<)

中でも一番嫌なのは、顧問弁護士事務所とのカラオケ大会。

去年までの自分だったら、忘年会はもちろん、職場のカラオケ大会なんて絶対断っていたはず。

だが今年は所属の人事部が日頃世話になっている相手。立場上逃げるわけにいかない。

(>_<)

 

苦手なものはいっぱいあるけれど、カラオケはとにかくダメ。

だいたい好んで行くことってない。

行くとしたら旦那とだけ。

それだって飲んだ後、彼が歌いたいと言う時のみ。

最近はとんとご無沙汰。

歌い慣れていない自分が何を歌う??


聞けば今度のカラオケ大会では、いろいろ制約があるらしい。


・流行歌はNG

・若い人の歌はNG

・あまり知られていない歌はNG

・演歌だとしても先方が歌いそうな歌はNG


(面倒くさい!じゃあ、一体何を歌えばイイんじゃ!怒)

……………

先月の旅行の際、食事を終えて、ホテルの部屋の風呂に入った時、ホロ酔い気分で少し歌ってみた。

風呂場は反響するので練習の場にピッタリ!


♪た〜ての糸は〜あ〜なた〜♪

♪よ〜この糸は〜わ〜たし〜♪


そう、「糸」である。

実は最近まで、この歌が中島みゆきの曲だってことを知らず、クリス・ハートが歌っているものを聴いていた。歌詞がすごく好き。


(う〜ん、なかなかイイかもしれない。この歌に決定!)


さらに気分良く歌い続ける。


すると旦那が突然浴室のドアを開け、

「どうした?大丈夫?」

とビックリしたような顔で聞いてきた。


自分「え?何が?」

旦那「風呂場でキミが唸ってるみたいだからさ…酔って苦しいのかと思った!」


(は?唸ってる?せっかく気持ちよく歌っていたのに!!)

o(`ω´ )o


やっぱり相当音痴みたい…わかっちゃいるけどさ!


旦那曰く

「キミは普段歌わない人だし、選んだ歌もきっと声に合っていないんだと思う。自分の声に合ったもの探してみたら大丈夫だよ」

………

翌日、飛騨高山から戻り、金沢の和食屋で食事をした後、ふたりでカラオケバーに行った。

 

流行歌でなくて、若い人が歌ってない、演歌でもない歌…でもそこそこ知られている歌

懐メロは?


そこで自分は歌えそうな曲を10曲ぐらいチョイス。そのすべてを歌い、旦那が「声に合っている」と選んでくれたのは次の2曲。


なごり雪

「夢の途中」

 

1曲は全くの季節外れだけどね…ヽ(´▽`)/


旦那のアドバイス

「語りかけるように歌ってごらん!」


う〜ん、そう言われてもね〜どうも曲に引っ張られて難しい。

同じ曲をしつこく練習し、お店の人もいい加減ウンザリし始めたっぽい。

でもこれでどうにかカラオケ大会は乗り切ることができそう(^-^)


ラスト、旦那が

青春の影」を歌う。


♪君を幸せにする〜それこそが〜♪

♪これからの〜僕の生きるしるし〜♪

 

男らしく張りのある声。

声量があって、堂々と歌い上げる。


なぜだろう?

聞いているうち、急に目頭が熱くなって涙が溢れてしまった。

彼の生き方そのものが歌に滲み出ているような…そんな気がしたのである。

歌って人の心を動かす不思議な力がある。

自分も歌が上手だったらな…

 

さて、今回旦那と一緒に練習した成果はいかに?