遠距離恋愛ゲイの独り言〜ふたたび

旦那と15年以上遠距離恋愛しているゲイのブログ。日常の些細な悲喜交々を気の向くままに。

野太い男の声を聞くだけで…

自分の住まいの近くには大学があり、体育会系クラブに所属する大学生を目にする機会が多い。

体育会もいろいろある中で、やっぱりラグビーやアメフトをやっている子たちは毎日鍛えているせいか、段違いに逞しく、顔も引き締まって男らしい。


さすがにこの時期になると見かけないけれど、夏は真黒に日焼けし、タンクトップ、短パン、素足にビーサンという理想的なスタイルの彼ら。豪快に闊歩する姿を見るたびに、思わず魅入ってしまう。


休みの日に自分の部屋の窓を開けていると、

彼らがグラウンドで練習しながら発する声が聴こえてくる。


澄み切った空気の中、風に乗って響き渡る雄叫び…

(どこのクラブだろう?ラグビー?アメフト?)

勝手に想像してしまう。


スポーツをしている時に発せられる男達の野太い声を聞いているだけで、自分の胸の奥からゾクゾクしたものが沸き起こり、何とも言えない心地よい気分になってしまう。


練習中の声だけでなく、応援する声もまた同じ。男の低い声は自分の中の性的な何かを刺激する。


話しは変わるけど、幕を閉じた「ラグビーW杯」。観てた人多いと思う。

自分もそのひとり。

もちろんただの単なるニワカ。f^_^;


それでも日本の試合だけでなく、海外の試合も夢中で観ていた。

ただ自分の場合、ゲームそのものを楽しむというよりも、そう!選手の顔やカラダばかりエロ目線で…(*´∀`*)


ラガーマンってどうしてイイ顔してるのが多いんだろうね〜?

カッコいいからラグビーやるのか、そもそもスポーツ選手はカッコいいのか…どっちなんだろう?


観ていると必ず各国にひとりかふたりは、

「おおっ!カッコいい!いいカラダ!」

なんて思えるのがいて、即WEBで検索。


するとだいたい目当ての選手は、

「世界のラグビーイケメン代表」みたいな

特集の中におさまっている。

みんな考えることは同じ…σ(^_^;)\(^-^ )


誰も興味ないと思うけど、自分がいいなぁって最近思うのは、

日本では、大人気のF選手とT選手。

あ〜ふたりのうちどっちがいいだろう?

あ〜選べない〜♪

え?気持ち悪い?選ばれる方が迷惑?


海外選手にも、イイオトコはいっぱいいる。

今最も気になるのは、

優勝国である南アフリカHandre Pollard選手


優しそうな下がり目がエッチっぽい!

ああ、腕も太くて、カラダもなんてカッコいいんだろう?!年齢は見かけよりも若い!しかも既婚だしね(インスタには奥さんとのラブラブ画像がいっぱいʅ(◞‿◟)ʃ)


それから他にも……え?いい加減にしろ?


あ、ラガーマンの顔やカラダの話しをしたいんじゃなかった。

どんどんズレてしまった。(^^;)


今回ラグビー観ながら、ずっと気になっていたのは、オールブラックスの「ハカ」。

言わずと知れた試合前に行うパフォーマンス。


筋肉の塊のような逞しい彼らが、中腰で足を大きく開き、丸太のような二の腕を見せつけたり、腰を突き出すような挑発ポーズをし、時折股関にも手をやる姿。

男らしくていいなぁ〜。

(え?神聖な戦いの舞を、エロ目線で観るな!って?すみません…( ´Д`))


あれをテレビやYouTube等で観るたびに、なぜか背中がゾクゾクするような不思議な高揚感を覚える。


それは視覚的なものによる興奮はもちろん、

踊りながら鍛え上げられたカラダの奥から発せられる選手達の重なり合う野太い声に反応してしまう。


なぜだろう?

同じ男にも関わらず、虞れ、憧れ、興奮。

さまざまな思いを抱く。


そういえば、

スポーツする男が発する声って、アノ時の声に似てる気がする。

それって単なる欲求不満?

(*´∀`*)


休日になると自分は気分転換に近所を散歩する。

大学のグラウンド近くまで行くとスポーツをする彼らの声が一段と響きわたる。


さすがにこの時季になると、自分の好きな「素足にビーサン&短パン姿」はもう拝めない。

もしいたら、ただの「裸の大将」に見えてしまうかも(^o^)


彼らがジャージorスウェット姿(実はこのスタイルもすごく好きなんだけど…)に変わっていくと、

「ああ、秋も終わりで冬に近づいているんだな…」

なんて少し寂しさを感じながらも季節の移り変わりに気づく。


今週末も行ってみようかな。

少し足をのばしてグラウンド近くまで…


男の野太い声を聴くだけで気分が上がるなんて我ながら単細胞な自分。

なんだか可笑しくなってしまう。