遠距離恋愛ゲイの独り言〜ふたたび

旦那と15年以上遠距離恋愛しているゲイのブログ。日常の些細な悲喜交々を気の向くままに。

負のスパイラル

今の時期、寒くも暑くもなく、一年で一番過ごしやすい季節。大きな悩みや心配事がなかったらどんなに平穏な毎日だろうか?


今自分は気が滅入って仕方がない。ホントに仕事が辛い。長年勤めていてここまで思ったことがないくらい。

何が一番大変かというと、とにかく連日遅いこと。先般異動した人事部は人事制度改革の真っ最中のため、早く帰ることができる日でも21時、遅いと23時くらいまで平気でオフィスにいる。少し前ならとっくに寝ている時間。


昼間はモンスター社員やメンタルが病んでしまった社員との面談。その後弁護士との相談などがある。その合間をぬって多くの会議に参加し、夕方からは全ての雑務処理。

いくらやっても終わらない作業が毎日続く。

もう疲弊しまくりでこちらの頭がおかしくなりそう。


さらに辛いのは、人事部の同僚(自分の立ち位置は一応上司)らがとにかくキツい連中ばかりなこと。特に直下には勤務先で「三大猛女」と言われている女性のひとりがいる。


猛女らと一緒に仕事をすると必ずメンタルをやられて休職、あるいは退職に追い込まれる(ここ数年続出)。三人共非常に優秀だが仕事への厳しさは尋常ではない。彼女の働きぶりはとにかく周りを苦しくさせるのだ。

自分は今まで別の部署でふたりの猛女と一緒に仕事をしたことがあるが、病まずにどうにか切り抜けてきた。

だが最強と言われる三人目の猛女との仕事は今回初めて。

年は殆ど変わらないのに、今回自分が異動したことで、彼女の職級が少し下がってしまった。それがとにかく許せないらしい。

彼女は「鉄の女」と上にも下にも恐れられている。住まいが職場の近くにあることから徒歩で通勤。なので退勤のタイムカードを押した後も自主的に毎日0時近くまで残って仕事をし、土日も結構出てきているという。困ったのはそれを上にも下にも求めること。

働き方改革」が世間で進む中、こんなことが常態化し許されていることはおかしい!と思うけれど、勤務先では平気でまかり通っている。それはトップが彼女を高く評価している…というか怖くて誰も何も言えないから。


そしてもうひとり、人事部のボスで役員でもある男の存在。

「人事の鬼」とすべての社員から恐れられ、とにかく非情で冷酷な人間。

自分が異動したことを全く歓迎もしてくれず、初日から無視されっぱなし。

何をどうしたらいいのかさえわからないのに、無視されるほど辛いことはない。

1週間近く経ってようやく一言二言話したけれど、それも最低限こちらの顔も見ないまま。


そんな彼が自分に最初に言ったのは、

「ここにきた以上“私事”は無いと思え。社員への余計な情も一切不要」と。

あとは何を聞いてもとにかく無視。


猛女も同じ。誰とも口をきかず、ただ黙々とパソコンに向かい資料を作成し続け、必要な時はメールで連絡。自分には決裁が必要な場合だけ電子申請をしてくる。


そうした針のむしろのような状況の中、先日トップを交えた人事会議なるものが開かれた。

月一回の頻度で人事部とトップとで現在の制度改革状況報告と今後の人事について話し合う。


メンバーはトップとナンバー2、3、そして人事の鬼、猛女、自分。

自分以外は全て外部から来た人間。

でもトップはナンバー2以下、特に人事の鬼とは犬猿の仲。

自分は今回、初めての参加であるためただ傍聴するにとどまった。


会議に出てわかったこと。

結局生え抜きの社員は外部から入ってきた上層部の連中にいいように利用されるだけ。

「オマエを成長させる」といった綺麗事を言われ、駒やネジのひとつのように酷使させられる。

 

(いつの間に中核が外から来た人間に乗っ取られて、こんなに酷い職場になっちゃったんだろう?)

 

絶望感でいっぱいになった。


席上では会議出席メンバーを除く全社員の評定が示され、人事制度改革後の階級そして次の異動先予定まで記載されていた。

鬼人事役員が書いたものだろうが、すべて人格否定的な目線でしかない内容。

自分が親しくしている30代の女性のアルバイト社員なんて、「無能。無期雇用を言い出す前に今年中に切る。ただし労基署注意」と書かれていた。

彼女はいつも笑顔で気がきくみんなに好かれる人。それなのに…


配属前に「プライベートも含め、必要以外に他部署の社員と関わらないこと」「知り得た情報はすべて秘密厳守」と誓約書を出しているので、そのアルバイト社員に何も言ってあげることができない。

もう悔しくて涙が出そうになった。

 

外部から来た自分達だけが安穏な場所に留まり、あとはすべていいように動かす。

そして使えなくなったら捨てるだけ。


(こんなところになんかもう居たくない!でもどこへ行く?自分はここ以外で何ができる?年だけとって何も能力なんてない!)


グルグルと今まで考えたこともないようなことが頭の中を巡る。

外から来た人間が支配している以上、自分もいずれどうなるかは容易く想像できる。

どうせ各地方へ飛ばされ続けるだけ…


(どうしたらいいんだろう?このまま何もせずここに居たら自分の人生がダメになりそう。人間らしい生活がしたい!)


寝不足が続くと正常な思考が全く出来なくなる。胃潰瘍にでもなりそう。


どこも職場の内部はこんなものなんだろうか?自分が甘ちゃんなのか?

自問自答が続く。


底無し沼にどんどん引っ張り込まれていく気分。だが今の自分にはそこから飛ぶ立つための翼がない。


どうしてもっと早く手を打たなかったんだろう?後悔先に立たずである。


「止まない雨はない」と言うけれど、雨はまだ降り出したばかり。

ああ、異動前の時間に戻ることが出来たら…