遠距離恋愛ゲイの独り言〜ふたたび

旦那と15年以上遠距離恋愛しているゲイのブログ。日常の些細な悲喜交々を気の向くままに。

初秋の小旅行【前編】

「旅は断然2度目が楽しい!」

あれ?どこかで聴いたセリフ?

そう、自分の好きなBSプレミアムの旅番組からちょっと拝借(笑)


先日、1日残っていた夏休みと週末を利用して、旦那と「金沢」に行ってきた。

実は、「2度目が楽しい!」とか言っておきながら、金沢に行くのは、北陸新幹線が開通してから3度目。


初めて行った時は、「ひがし茶屋街」「兼六園」「金沢城公園」「武家屋敷」など、初心者定番のコース。

2度目は、もうあちこち行かず、前回行って気に入ったところだけ。

そして3度目の今回は、中年オヤジふたりのリーズナブルな「食べ道楽」の旅となった。


木曜の午後、勤務先を少し早めに出て、東京から北陸新幹線「かがやき」へ乗車。

旦那とは現地で落ち合うことになっている。

他の新幹線に比べ、足元が広くて座りやすい。

隣に乗客がいないこともあり、乗った途端に眠りについてしまい、目を覚ました頃は間もなく終点。

 

金沢駅で、先に着いた旦那と合流し、駅近くの宿泊するホテルへ。

初秋と言っても、まだ結構暑く、歩いているだけで汗ばんでくる。

なので、チェックイン後荷物を置き、地元のスーパー銭湯へ向かう。

前に来た時は、和倉温泉に行ったが、今回はいろいろ食べることが目的なので、風呂にはそれほど拘らない。

そのスーパー銭湯は、1,000円札出してお釣りがくらいにもかかわらず、露天も備え、サウナは2種類、ジャグジーや、自分の大好きな炭酸風呂などもあり、充実そのもの。これで十分満足である。

さらに垢すりがキャンペーン中で少し安くなっていたので、やってもらう。

 

施術師は、韓国のおばちゃん。

はじめに腕、そして背中。かなり強力にゴシゴシ擦り続ける。

最初は痛かったが、次第にその刺激が心地よくなってくる。

彼女に途中

「アカスリやったことないのか?」

と訊かれたんだけど…そんなにいっぱい垢がついてたのかな?(汗)

当然、エッチなことは一切なし(笑)

 

風呂を出て、徒歩で金沢駅方面へ戻る。

ここの象徴とも言える「鼓門」を記念に一枚。

ライトアップされていると一段と雰囲気がいい。

f:id:cherrybeargo:20180909140522j:plain

駅近くの「地酒と天ぷら」がウリの店に入り、刺し身の盛り合わせと天ぷら定食を注文。

揚げたてでサクサク。刺身はやっぱり鮮度が良いな。

日本酒も種類が多く、ぐびぐび飲みまくる。

結局10時近くまで居座ってしまった。

リラックスのせいか、はたまた垢すりのおかげか、かなり酔いが回り心地いい気分。

初日はこれで終了。ホテルに戻る。

 

金曜は朝から大雨。

湿度も高く、ジメッとしていた。

そんな中、午前は昨日とは別のスーパー銭湯に行き、その後はバスで、にし茶屋街へ向かう。

 

にし茶屋街は、ひがし茶屋街に比べ、観光客も少なく静かなので、ゆっくり散策したい方におすすめ。

お茶屋さんの2階から、三味線と太鼓と歌声が…なんか昔っぽくて風情がある。

 

ここに来たのは、甘納豆を買うため。

その店は、知る人ぞ知るというか、商品を金沢のデパートや駅はもちろん、金沢以外で販売していない(正確には、金沢21世紀美術館にも限定で売っていたけどね)。

 

何種類もあって迷いそうになるが、

初めて訪れた時にいろいろ買って、どれが一番好みに合うか分かったので、3回目の今回は、「丹波黒豆甘納豆」のみ数袋購入。

甘さ控えめで、歯ごたえがあって、食べ出すと止まらない。

 

f:id:cherrybeargo:20180917131743j:plain

買い物を終え、2階に上がりかき氷を食べたら、やっと少し暑さがおさまった。

 

もう1店舗立ち寄ったのは、ピクルス専門店。流通されずに捨てられるところだった野菜を使って、50種類以上ものピクルスを揃えている。ここでは、様々な加賀野菜のミックス瓶をひとつ購入。

 

雨が小雨になったのを見計らって、バスで駅方面に戻り、夕飯を食べることに…

 

今日のお目当ては、新鮮な魚介や、地元の旬の野菜などを炭火焼で楽しめる店。

前回知り合いに紹介されて以来2回目。

値段も庶民的でとても気に入っている。


まずはビールで乾杯。

オーダーしたものは、加賀野菜のサラダ、刺身の盛り合わせ、松茸の天ぷら、明太子出汁巻卵、能登豚の角煮、万寿貝、のどくろ塩焼き。

いずれもシンプルではあるが、素材の味が生かされた料理ばかり。本当に美味しい!


食事中に食べ物を撮るのはどうかと思ったけれど…旅の恥は何とやら?

 

「加賀野菜のサラダ」

f:id:cherrybeargo:20180910195505j:plain

 素焼きされた五郎島金時、椎茸、蓮根、南瓜、ベビーコーン、トマトなどに、カレー風味のバジルドレッシングがかかっている。

グリルされているので、野菜の甘みと旨みが引き出され、香ばしさが食欲をそそる。

 

そして次は、大好きな「のどくろ」。

一年中食べられるって知ってた?

f:id:cherrybeargo:20180910201301j:plain

脂と旨味たっぷりのとろけるような舌ざわり。噛むとほどよい弾力があり、口の中で甘さがひろがる。いろいろな調理法があるけれど、やっぱり塩焼きが一番美味しい。

 

お酒の種類も豊富で、何種類か地元の冷酒を頂く。


締めは、「甘エビカレー」と「帆立とコーンの土鍋ご飯」。

 f:id:cherrybeargo:20180911194710j:plain

甘エビの旨味とカレースパイスの絶妙なバランス。そして帆立とコーンの香りのいいこと!

 f:id:cherrybeargo:20180911194540j:plain

うーん、満足。

さすがにもう食べられない……というわけでもない。


これで終わりにすればいいものの、


「なんだか肉類も食べたいね」

 

という話になり、小料理屋を後に、近くの焼肉屋へ。食べることに関しては即決するふたり。

金沢って、何故か焼肉屋が多い気がする。

 

入って早々、能登牛「上カルビ、ロース、赤身の盛り合わせ」「キムチサラダ」をオーダー。

焼肉って何でこんなに美味しいんだろう?

あんなに魚を食べてたきたはずなのに、肉となると別腹。

そして最後は、牛炙り寿司。

自分はこれが大好物!

f:id:cherrybeargo:20180911203835j:plain

あ~お腹いっぱいぱい!

無理して休んで来た甲斐あったな。

2日目にしてすっかり満足してしまった感がある。

 

さて明日は、何食べに行こうかな?

 

【後編】へ続く